地元宮城の医学部を受験してみることに

将来は医者になりたいという夢

将来は医者になりたいという夢 | 予備校の講師の言葉を信じて勉強に打ち込むことに

将来は医者になりたいという夢があり、その夢を持って高校に進学をしました。
そのため、入学当初から医学部を目指して勉強をしていたのですが、一体どこの学校に通うのかを悩んでいました。
レベルの高い東京に出ていくのが良いか、それとも地元で進学をするかというところだったのですが地元の宮城でも偏差値では全国トップテンに入るので、それならわざわざ上京することもないかなと考えたのです。
トップを狙うというのも考えないではなかったのですが、さすがに自分のレベルに合っていないところに挑戦をするのは負担が大きく、合格できるものもできなくなってしまうと思いました。
地元であっても絶対に合格できるといいますか、それすら難しい可能性はあったわけですからそれなら受験に集中をすることができる、地元の医学部を目指したほうが良いと思ったのです。
今から考えればこれはわりと正解だったと感じ、上京するのは仮に合格をしていてもなにかと大変だったと思いますから素直に宮城で受験をしたのは正解だったと思います。
とにかく進路は決まったのでその時から夢に向かって勉強をすることになったわけですが、学校の勉強との両立というのはなかなか厳しい物がありました。
医学部を目指しているので予備校にも通っていたのですが、学校の授業も予備校の講義もついていくのが大変でこれで間に合うのかなと思ってしまったのです。
それを考えれば宮城の医学部に進むことすら、高望みだったのではと焦ってしまうほどでした。